電子マネー

Amazonプライム値上げでも最安でAmazonゴールドカードの申し込む方法

前回、Amazonクラシックカードの申し込みを行いました。
Amazonクラシックカードの申し込み方法

Amazonクラシックカードの申し込み 最終的にはAmazonゴールドカード にするのですが、まず最初にAmazonクラシックカードに申し込みます。なぜ最初にAmazonクラシックカードに申し込むかは ...

続きを見る


続いて年会費が発生するゴールドカードの申し込みを行います。

ゴールドカードへの切り替え

ゴールドカードへは新規申し込みではなく切り替えで行います。
切り替えはVpassから行います。
残念ながら、キャプチャ等は残していないのですが、Vpassにログインすると切り替えるみたいなボタンがあって、あとはポチポチしていけば切り替えることができました。ほとんどがクラシックカードの申込時に入力した内容の確認だったので、この画面でマイ・ペイすリボに申し込むということはできないのではないかと思われます。
なので、ゴールドカードに切り替える前のクラシックカード申し込みの時点でマイ・ペイすリボの申し込みをしておく必要があると思われます。
もし、クラシックカード作成時にマイ・ペイすリボの申請をしていなくても、初回請求が確定するときにマイ・ペイすリボの 設定が行われていれば良さそうな気もしますが不正確です。

切り替え後の作業

ゴールドカード申込み時にも審査があると思われるので、審査が通ったらクラシックカード申込時と同じく引き続きマイ・ペイすリボの上限金額を設定します。
自分の場合、上限金額がより大きくなっていたので、再度カード利用額と同額を設定します。
また、ゴールドカードの場合は物理(リアル)カード番号が届く前に変更作業が行えました。カード番号も発行済みのようです。

利用限度額の確認方法

物理(リアル)カードが届く前ですがVpassから利用限度額を調べることができます。
Vpassの左メニューのご利用可能額を確認するから確認することができます。

マイ・ペイすリボの上限を引き上げる

手順はクラシックカードのときと全く同じになりますので以下をご参照ください。

そして一連の作業が、これで完了となります。
実際に請求された金額は5,500円でした。
翌年度はWeb明細の割引が行われれば、もう少し安くなります。

請求金額の明細

最後に

最初はVpassとかよくわからないので敷居が高いと勝手に思っていたのですが、やってみると難しい作業はありませんでした。
また実際にゴールドカードに切り替えてみて、切替時にはVpassの設定が行えなさそうなので(切り替え後はできると思われます)、クラシックカード作成時に申し込んでおくのが確実かと思われます。
今後、また改悪が行われたらどうするか考えますが、現時点ではAmazonプライムを契約する場合、ポイント還元率も上がるゴールドカードがよいと思います。

-電子マネー
-,

© 2020 ビー鉄 LIFE Powered by AFFINGER5