LEXUS RX 試乗・見積もり行ってきた

今はホンダのフリードに乗っております。 最近乗り換えを本気で検討しております。
フリードはハイブリット車なので年間の維持費も取り回しの良さもあり、非常に満足している車です。
Honda ハイブリッドフリードの年間維持費は14万円から

自分は今、Hondaのフリードという車種に乗っています。今まで車の維持費を計算というか考えたことがなかったのですが、新しい車を考えるにあたり比較することもあるかと思ったので年間維持費を出してみました。 ...

続きを見る

しかしトヨタのハリアーやマツダのCX-5を巷でよく見かけてすごくかっこいいので次はSUVにしようと思っています。
突然になりますがSUVの購入を検討された方ならレクサスRXはご存知だと思いますが、かっこいいですよね。
そしてレクサスRXが2019年8月にマイナーチェンジしました。
価格帯でいうとCX-5は300万くらいから、ハリアーは350万くらいから となっておりますが、レクサスRXは500万くらいからと桁外れな価格帯になっております。
たまたまトヨタの自動車フェアに行ったときにレクサス車も展示してあってドアの開け締めをしている(相当な不審者に思われたのかもしれませんが)と担当の方がやってきて色々話をしていると一度試乗してみませんかと言われました。
正直なところ、レクサスのディーラーは非常に敷居が高い印象を持っていたので足を踏み入れにくかったのですが、試乗だけでもどうぞということで試乗の予約をしました。
そして先日、いよいよレクサスのディーラーに行ってきました。

初レクサスディーラー

レクサスディーラーについて調べたところ、適当にあしらわれたという口コミもあり多少の不安はありました。
試乗の予約するときに念の為ドレスコードなどあるかと聞いたところ笑顔で「気軽にご来店ください」と言われたので普段どおりの格好でいきました。
どこのレクサスディーラーも外見が非常に立派で近寄りがたいのですが、今回は予約してあったので恐れることなく入ることができました。
駐車場で車を止めようと思ったところ展示会でお話してくださった方が、まさかのお出迎えで駐車場所を案内してくださり、こんな買うかどうかもわからない人にお出迎えまでしてくれるのかと感激しました。
(比べるわけではないですがフリードを契約するときですらお出迎えはありませんでした。さすがにお見送りはありましたが)

レクサスRXの試乗

話もそうそうに乗ってみましょうということで、レクサスRXに試乗しました。
一方的に欲しいと思っているRXのグレードを伝えてあったのですが、まさにそのRXが試乗車として準備してありました。
試乗車を見た瞬間すごいテンションがあがりますよね。

試乗したグレード

今回試乗したのは車種とグレードは以下になります。
  • レクサスRX 300
  • Fスポーツ
  • ホワイトノーヴァガラスフレーク(ボディーカラー)
当然ですがレクサスRXにハイブリッドもあるのですが車両価格が100万ほど上がりますのでターボ車でグレードはFスポーツで試乗をお願いしました。
レクサスRXのレビュー動画・ブログを見させていただいて、ボディーカラーはホワイトノーヴァガラスフレークが一番いいなーと個人的に思っておりました。
非常に残念なことにホワイトノーヴァガラスフレークはFスポーツ専用色となっており、他のグレードでは選択することができません。
そしてFスポーツは安全装備などがオプションになるので車両価格が一番高額になりやすいグレードになります。
グレードをFスポーツにすると車両本体価格が600万からというさらに現実味がない金額になるのですがボディカラーにホワイトノーヴァガラスフレークを選べるのはFスポーツだけなので致し方ないところではあります。

試乗の感想

自分は車について恐ろしいほど知識がないので詳細な解説はできないので素人目線の感想です。
試乗はディーラーの近くの一般道を15分ほど走行しました。

車体がとにかく大きい

全長も全幅もとにかく大きいです。
横から見るとフリードがすっぽり隠れてしまいます。
フリードに比べると二周りほど大きいですね。取り回しがすごく大変そうなのは乗る前からわかります。
試乗では駐車などはしなかったのですがスーパーの駐車場とか駐車が大変そうなのは想像できました。
大きいからこその圧倒的な安定性があるんでしょうけど。

ナビがとにかく大きい

まず運転席に座って最初に目に飛び込んでくるはナビの画面だと思います。
とにかく大きくて車のためにナビがあるんじゃなくてナビのために車があるんじゃないかと思うくらい圧倒的に大きいナビです。
大きさは驚異の12.3インチのワイドディスプレイになります。iPadが10.2インチなのでiPadより横がさらに長いディスプレイになります。
これは文字だと伝わりにくいですがとにかく大きいです。
またナビは2019年8月のマイナーチェンジでタッチパネル式に変更されました。試乗ではタッチすることがなかったのですが、ナビの端まで手が届くのか不安。

ホワイトノーヴァガラスフレークがかっこいい

自動車フェアでRXの展示車を見たときは違う色だったので実際にホワイトノーヴァガラスフレーク を見たのですが本当に美しいですね。
車にそれほど詳しいわけではないのでFスポーツの乗り心地とかはあんまりわからないんですけど、このホワイトノーヴァガラスフレークが恐ろしく美しいのでFスポーツを選ばなければなりません。
これだけ美しい白を見たことがないです。標準色の白より更に白いという感じがします。

シートが自動的に動く

当然車にもよると思いますが車のシートの調整ってレバーを引いて前後に動かして調整すると思います。
レクサスRXは電動リクライニングシートなのでレバーを操作すると自動的に動きます。
前後だけではなくて高さも調整できます。自分の車は高さの調節はできない(と思っている)のでびっくりしました。

ヘッドアップディスプレイがかっこいい

ヘッドアップディスプレイってわかりますでしょうか。
運転席側のフロントガラスの下部にスピードや道路情報などが表示されるんです。
あんまり車に詳しくないのですが、このオプションは珍しいんじゃないかなーと思います。
スピード見るときにメーターまで視線を動かさなくていいから運転が少ししやすくなりそうです。

ハンドルのグリップ感がすごい

高級車ってそうなのかもしれませんが、ハンドルを握ったときの感触が全然違うんです。
なんか物量を感じるというかずっしりしています。
そしてハンドルにもボタンがたくさんある。セールスコンサルタントの方にも聞いたのですが普段使うボタンはそれほどないとのことでした。
そしてボタンのデザインもかっこいい。

静かに加速して静音性を感じる

基本的にはかなりの安全運転で試乗していました。
同乗していたセールスコンサルタントの方から「アクセスを踏み込んでも大丈夫ですよ」ということで、アクセルを強く踏み込んだところすごい加速していきました。
自分の車はハイブリットなのですが、それでも加速するときはウィーンといういかにもエンジンが頑張っているエンジン音がするんですけど、レクサスRXは頑張っている感をあんまり感じずに加速していきました。
やっぱり高級車は静音性が違いますねー。これは乗ってみないとわからないかも。

レクサスRXの見積もり

試乗が終わったあと商談スペースで車の説明をしてもらいました。
美味しいと噂のコーヒーを飲みながら詳しいオプションの説明をしてもらい、どれをつけようかなーと考えるのが楽しいですね。
予算がないのでつけたオプションは安全装備と子供が要望していたパノラマルーフくらいでした。ただレクサスはナビも標準なのでここは助かりました。
そして算出された車両本体価格が650万円でした。
美味しいコーヒーが冷めてしまうくらい現実味がない価格です。
そして更に追い打ちをかけるようにセールスコンサルタントの方から冬はスタッドレスタイヤも必要ですよーということでそれも追加してもらいました。
ホイールとタイヤを含めて40万円ほどでした。あんまり車詳しくないんだけど、こんなに高いのか・・・。フリードのスタッドレスタイヤはホイール含めて10万くらいだったんだけどな・・・。
これに車両取得時に必ず必要になる諸経費を含めてもらい最終的な見積り金額を出してもらいました。
コミコミの乗り出し価格が720万円でした。
あまりにも現実味がない価格でコーヒーはより苦味を感じてしまいます。
戦利品としてカタログをもらい帰りもお見送りしていただきました。

今後の予定

乗り出し価格が720万は予算的にかなり厳しいですね。
でもそれ以上にいい車だなーと感じることができました。圧倒的な迫力は価格に見合ったものがあると思います。
試乗してから猛烈に欲しくなってきました。
今後どうなるかわかりませんが状況が変わり次第報告したいと思います。

-
-

Copyright© ビー鉄 LIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.